統合失調症の症状・治療方法

統合失調症について

精神障害の一つとされているのが統合失調症です。
直接関係する原因は分からないのに、自分の考えを整理しにくくなり、気持ちがまとまらなくなり本人は苦しい思いをします。
統合失調症を治すために支援は欠かすことができず、必要とされています。
原因についてはまだ全体が解明されてはいませんが、脳の機能障害や、心理社会的なストレスなど様々な相互作用が複雑に関わりあっているのではないかと見られています。
現在国内で、統合失調症の治療を受けている人は数十万人とされています。
幻覚や妄想を見る人もおり、それは整理できない心の状態が現実ではない形に変化したものです。
生涯中、統合失調症を煩う人は100人に1人の割合でいるとされています。
大抵は薬での治療となります。幻覚や妄想は脳内の情報伝達物質のバランスが乱れるから生じるものだからです。
最近は、社会参加がいずれできることを目的としてリハビリテーションも進展していますが、他にも薬による治療や、社会生活に適応していくための訓練を行なう心理社会的な治療法も発展してます。
早期治療を受けるなら、統合失調症を克服できるケースも多く、現在多くの患者さんが再び社会に参加することを可能にしています。
しかし、症状が多少残ることもあり、疲労を感じやすかったり、神経が過敏になることもあるようです。
社会参加を叶えた人達をどのように支援しサポートしていくのかというのがこれからの課題です。
しかし本当の意味での支援を行なうためには、統合失調症への偏見をなくすことが必要です。

 

鉄分サプリが効かない!?鉄分サプリの有効な飲み方!